パンドラックス 

布人形をメインに制作している【創作アトリエ ファイ】のブログ。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瓶づめオルゴナイトの作り方(動画)

みなさん、こんにちは、
ファイです。



Youtubeにて【瓶づめオルゴナイトの作り方】を
UPしました(*'▽')~☆





さて、詳しい材料紹介です↓



  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
  
   瓶づめオルゴナイト

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



【材料】


*エポキシレジン(動画では、クリスタルレジンNEOを使用)
*パワーストーン
*ラメ
*ビーズなど(お好きなもので)
*塗料:GSIクレオス 水性ホビーカラー クリアオレンジ
*竹串
*ティッシュ
*紙コップ2個
*つまようじ
*レジンをかき混ぜるヘラ(竹串でもOK)
*ペンチ・ニッパー
*クリアファイル(雑誌、新聞紙で代用可)
*除光液
*デジタルスケール



気になる方は手袋も用意してください。


******************


*エポキシレジンは東急ハンズ・Amazonで購入できます。
 たいていのものは、100円ショップでそろいます。


*塗料は、おもちゃ屋さんのプラモデルコーナーにあります。
 
そんなところ、恥ずかしくていけない(*ノωノ)←(笑)
塗料が余っても使い道がない……


何かしら抵抗(?)がある場合、
透明度は下がりますが、マニュキアで代用できます。
できるだけ、クリアな色のマニュキアを選んでください。



*スケールはデジタルがお勧めです。
 食品を扱っているものを使う場合は、念のためスケールに
 ラップをまいて使いましょう




作り方のご質問ありましたら、youtubeコメント欄、
またはブログコメント欄へ書き込んでくださいね。





【お詫びと注意事項】   2015年6月26日 補足 

エポキシ樹脂が硬化する際に、詰めたガラスにヒビ(クラック)が入ることが判明致しました。

レジンとガラスが密接にくっ付いているため、粉々に崩れることはありません。

すべてのガラスと樹脂がそうなるわけではありませんが、

*ガラスの厚さが薄いもの
*乾燥時にふたを閉める
*気温差の激しい時期での制作

など、条件によって亀裂が入ります。


制作なさる場合は、上記の危険性があるという
認識の上でお願い致します。


またYoutubeに作り方をUPしていますが、
今後ブログだけの限定公開と致します。


こちらの認識の至らない部分がありました。
お詫びを申し上げると同時に、さらなる作品の技術向上に努めさせていただきます。






******************



動画作るよ~!!といって何か月たったのかな(汗)
動画作成歴は3年ほどありますが、
ナレーションしたのは初でした(*^^*)



ちょっと、緊張しすぎて、
言葉のイントネーションが変です(笑)



オルゴナイトの作り方は、ちょろちょろとUPする予定ですので
今後もお楽しみに。



リクエストがあったら応える。。。かもしれません
↑ちょっと逃げるww




というわけで、今日はこの辺で☆
お読みいただきありがとうございました。



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fai1.blog.fc2.com/tb.php/144-7b3b442b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。